オーソドックスな玄関ドアの鍵の種類はシリンダーキーです

防犯対策と言っても色々とありますが、自宅の防犯を考えたとき、その中心となるのがやっぱり玄関です。

元々、人の出入りが一番多い所ですし、もしも家族が多い家であれば、それの頻度はより多くなることでしょう。さらに開け閉めが増えるにつれて、閉め忘れる場合も出てくるでしょう。そして空き巣にとって、そのような家は好都合な標的だといえるでしょう。では、玄関ドアの鍵さえ閉めておけば、そうすることで万全なのでしょうか。

残念ですが、現実はそうではありません。例え玄関ドアの鍵をちゃんと閉めていたとしても、空き巣はあの手この手を用いて入を試みようとします。そこで重要になるのは、どういう種類の鍵を使っているのかという部分です。

例えばオーソドックスな玄関ドアの鍵の種類などとして、シリンダーキーが挙げられてきます。みなさんも目にすることが多いと思いますが、鍵の側面側がギザギザになっていたり、表面に丸い形の溝があったりするものが、シリンダーキーです。

すごくシンプルで使用しやすいというのが特徴ですが、欠点として、ピッキングなどの被害に遭いやすいという弱点もあります。

ですから、玄関ドアの鍵としてシリンダーキーを用いる場合、例えば補助錠を取り付け、ワンドアツーロックにするなどの工夫が必要になるでしょう。さらに現在では、暗証番号を入力する種類の鍵もあります。玄関ドアを閉めると自動で施錠でき、自宅に入るときは、あらかじめ設定の番号を打ち込むというものです。

こちらも大変シンプルで使いやすい鍵になりますが、番号を忘れてしまうと中に入れなくなってしまいますので、そこだけは注意するよう心掛けてください。その他にも、カードをかざすだけのタイプや、指紋認証によって開錠できるタイプなど、玄関ドアの鍵は良くなっています。そんなたくさんの種類の中から、実際に玄関ドアの鍵をどのようなものに選択するのかは、例えば家族構成などを考えに入れて決めるべきです。小さいお子さんや年寄りがいらっしゃる場合は、操作がちゃんとできるかどうかの確認が大切になるでしょう。